苦い?ケールってどんな味?

ケールは栄養豊富な野菜

ケールはアブラナ科に属するキャベツの一種で、生命力の非常に強い栄養豊富な緑黄色野菜です。一年中栽培でき、さらに栄養価が高いことから青汁の原料として多く用いられています。ビタミンやミネラル、食物繊維や葉酸などが豊富で健康維持はもちろん、美容やダイエット、抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待できます。

 

ケールの味は苦みが強く、青臭さもあるため、生で食するには工夫が必要です。青汁に用いられる場合、抹茶を配合するなどクセのある味を軽減するよう配慮されていますので、飲みやすいタイプも販売されています。

 

苦さを軽減させる工夫とは

ケールはキャベツの一種ですが、丸まらずに葉を広げて成長していくのが特徴で、光合成の効率が良く成長率も高い生命力あふれる野菜です。ケールは不味いと感じる人も多くいるのは確かですが、青汁の原料とされる場合、飲みやすいような工夫をされているのが一般的です。

 

クセのある味が平気な場合、毎日飲み続けるのに問題がありませんが、苦手な場合は他の飲み物と混ぜたり、甘みを加えたりしましょう。近年では味に左右されないサプリメントタイプなども発売されているので、味の好みによって使い分けることができます。